グランドサマナーズ攻略まとめ速報

グランドサマナーズ攻略まとめ速報

カテゴリ■ユニット, ★覚醒解放キャラ, キャラ紹介, 星5キャラ, 樹属性, 機族, 獣族キラー

【グラサマ攻略】樹属性ダメージバフ80%UP「ヴァイド」評価ステータス【樹】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0コメント

ヴァイド6

覚醒ビジュアル

ヴァイド5

★5ビジュアル

ヴァイド4

★4ビジュアル

ヴァイド3

★3ビジュアル

神滅兵器ヴァイド

属性:樹属性

種族:機族

声優:高橋 研二&戸田 めぐみ

進化:★3→★4→★5→覚醒

装備枠
初期→ 回復5 魔法攻撃3 物理攻撃2
限界突破→ 回復5 魔法攻撃5 物理攻撃3
ステータス HP 攻撃 防御
LVMAX 8409 2521 1945
限界突破 +999 +325 +253
■アビリティ2枠
■獣族キラーLv8

┗獣族に対してのダメージ80%UP

 

奥義自然回復Lv1

┗奥義ゲージが1ずつ自然回復する。

■真奥義=ストームディザスター
18000%の樹属性物理ダメージ。

自身の奥義ゲージ80UP。

ブレイク中に発動した場合、味方樹属性ユニットの奥義ゲージ20UP・12秒間、味方全体のダメージ80%UP。

ブレイク6000

■奥義=エメラルドシュトローム
12000%の樹属性物理ダメージ。

20秒間、味方樹属性ユニットのブレイク力25%UP。

ブレイク2500

■スキル=クロスエアブロウ
 

1600%の樹属性物理ダメージ。

9秒間、敵の物理耐性10%DOWN。

さらに確率でブレイク耐性3%DOWN。

ブレイク1600

評価=S
マルチバトル偏差値=92点
ヴァイドは高い獣族キラーを持った樹属性のサポートキャラです。

 

 

これまで出番の無かった産廃キャラでしたが、2017/4/20にてHPが全キャラの中でも破格の数値となり、耐久力の高いサポートキャラになりました。

 

奥義の攻撃力も倍近い数値に跳ね上がり、攻撃力としても貢献できる仕様に変更となりました。

 

 

スキルでは物理耐性を10%下げる効果も備わり、パーティーが与えるダメージも全体的に上昇できる仕様になり、水属性の獣キャラに対しては圧倒的な相性で活躍が期待出来ます。

 

 

アビリティも「奥義自然回復」が備わったので、【奥義】発動機会が増えたのもうれしい点です。

 

 

マイナス点は【初期キャラ】としての使えない印象が強い為、パワーアップ変更後の価値にふさわしい敵キャラが現れないと出番は変わらないかもしれません。

加えてHPが全キャラトップクラスの数値に跳ねあがりましたが、防御力は変わらずトップクラスの低い防御力となっているので食らうダメージ量は変わりません。

 

 

※2017/4/20パワーアップ変更

 

ヴァイドは2020年3月4日に覚醒解放が行われました。

基本ステータスの上昇や、真奥義追加により、現段階でも活躍可能な樹属性サポートキャラに成長しています。

 

目玉はやはり真奥義効果で、自身の奥義ゲージを即座に80チャージすると同時に、ブレイク中に発動すれば、味方樹属性ユニットの奥義ゲージを20UP&味方全体のダメージを80%もUPさせる事ができるバフ効果です。

 

樹属性はブレイカーが豊富なので、ブレイク中のダメージソースとしては、十分な活躍が期待できます。

キャラクター紹介
大戦期に活躍した機族の決戦兵器。

 

大気中に漂う数々の精を取り込んで動力としており、巨体を宙に浮かべながら移動し攻撃を行う。

 

本体は中央部にある小型の機族で、その者の意志により大型の部位が動作しているとされるが、その構造には謎が多い。

 

なお、「ヴァイド」という名は本体を取り込んだ後の全体の名であり、本体には別途名前があるがその名は機族の記録からなぜか抹消されている。

大戦期に活躍した機族の決戦兵器。

 

対神族用の切り札として機族が秘密裏に開発計画を進めていた。

 

兵器としての性能向上に特化した巨大な部位と、全体の頭脳となるため思考内容や速度を強化した小型の部位による連携攻撃は、神族のみならず無数の敵兵を薙ぎ払ったという。

 

なお、両部位は各々固有の意志があるが、大型部位の意志は自身の言葉を発する以外に体を動かす決定権は有していない。

大戦期に活躍した機族の決戦兵器。

 

小型部位の意思決定で数々の戦果をあげ続ける中、大型部位が小型部位に逆らうことはほぼなかった。

 

しかし1度だけ両部位の意見が割れたことがある。

 

敵対する獣族の指揮官を発見直後小型部位が全ての兵装を開放し敵軍を瞬時に殲滅させた際だ。

 

その中でも生き残った敵指揮官を見つめながら大型部位は「アレハオ前ノ仇デ俺ノ敵デハナイ」と語ったという。

数多の精霊たちを取り込み自己進化を遂げた決戦兵器。

 

兵器は神族の精鋭たちを圧倒したが、駆けつけた獣族の戦士に苦戦し戦況は悪化していく。

 

最大出力の斉射を防がれた時点で兵器の戦士に対する警戒レベルは、最高値に達していた。

 

撤退すべき――防衛システムは警鐘を鳴らしたが、兵器は騎士が如く自らの名を名乗ると、兵装を最終決戦モードへ移行させ、戦士に向かって突き進むのだった。

各ランキング
全☆5キャラリセマラ表
「攻撃力」ランキング
「防御力」ランキング
「HP」ランキング
「ブレイク力」ランキング
「奥義破壊力(倍率)」ランキング

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリ