グランドサマナーズ攻略まとめ速報

グランドサマナーズ攻略まとめ速報

カテゴリ★覚醒解放キャラ, 星5キャラ, 樹属性, 竜族, 英雄祭キャラ, 闇属性耐性, 麻痺耐性

【グラサマ攻略】英雄祭限定!炎・水・樹属性攻撃バフ60%UP!「覚醒ルーヴェ」評価ステータス【樹】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0コメント

ルーヴェ

ルーヴェ2

☆5ビジュアル

真識竜師ルーヴェ

属性:樹属性

種族:竜族

声優:浜田洋平

進化:☆5→覚醒

装備枠
初期→ 援護5 物理攻撃3 回復3
限界突破→ 援護5 物理攻撃5 回復4
ステータス HP 攻撃 防御
初期 2939 1012 985 
LVMAX 6391 2200 2142
限界突破 +968 +340 +331
■アビリティ3枠
歴史の叡智

┗味方全体の有利属性ダメージ20%UP(重複なし)

 

■麻痺耐性Lv10

┗麻痺時間短縮率100%アップ。麻痺回避率100%アップ

 

■闇属性耐性Lv4

┗闇属性の耐性20%UP

■真奥義=ドラグ・レタリングレガシィ
23600%の樹属性物理ダメージ。

20秒間、炎・水・樹属性ユニットのダメージ60%UP

敵のブレイク耐性25%DOWN

奥義と真奥義の重複なし(真奥義が優先)

ブレイク力4000

■奥義=ドラグ・レタリング
14200%の樹属性物理ダメージ。

10秒間、炎・水・樹属性ユニットのダメージ30%UP

ブレイク力2400

■スキル=オールド・フェイス
1900%の樹属性物理ダメージ。

6秒間、自身の回避率20%UP

ブレイク力1500

評価=当たり
マルチバトル偏差値=91点
ルーヴェは期間限定の英雄祭1stガチャで入手可能な樹属性物理アタッカーキャラです。

 

 

ルーヴェの最大の特徴は真奥義により、炎・水・樹属性ユニットのダメージを60%も上昇させる事が可能なバフ能力です。

バフ効果として60%は破格であり、光・闇属性以外のユニットでパーティーを構成すれば、極大ダメージを与える機会を作り上げることが可能です。

 

 

またアビリティ「歴史の叡智」により、味方全体の有利属性ダメージをパッシブで20%UPさせる事が可能な為、敵の属性とパーティー構成の組み合わせが良ければ更に戦闘を有利に進める事が可能です。

 

 

ルーヴェ自身、100%の麻痺耐性がアビリティで備わっている為、麻痺付与を行ってくる戦闘相手であっても気にせず対応出来るのも嬉しい点です。

 

 

マイナス点は光属性・闇属性中心のパーティーを構成しても真奥義、奥義のバフ効果はアーヴェ自身にのみ発動する事になり、無駄が生じてしまうこと。

また、「闇耐性レベル4」のアビリティも備わっているが、バフ効果も考えると炎・水・樹属性メンバーで闇属性と戦闘する機会が無い限り持ち味が全て発揮される事がありません。

 

 

周りと戦闘相手の条件が整わない限り、ルーヴェの能力が最大限に発揮される事が無いと言えますが、逆に言うと、闇属性キャラとの戦闘で光・闇属性以外のパーティーを構成すればバフ効果も含め、一気に戦闘を終わらせる事が可能な魅力も兼ね備えています。

 

 

装備も☆5援護、☆5物理、☆4回復とバランスも良く、大ダメージを与えつつ回復も可能なバランスも良いでしょう。

 

スキルにより回避率を20%アップしつつ援護も攻撃も行える重宝するキャラクターかもしれません。

 

 

キャラクター紹介
大戦直後の混乱期のグラメニア共和国の学者。

 

『五凶星』の1人でもあり、首謀者フリードとは兼ねてより歴史の真実を追求するため情報交換する仲間だった。

 

彼に請われて、友人であり協力者である元ラ=リズ魔導教国の諜報員と共に旅に同行。

 

五凶星の最年長であり、豊富な知識と卓越した知恵によって信頼は絶大であった。

 

それ故に、彼はいち早く歴史の真実の核心へ到達する事となる。

ラ=リズ魔導教国の刺客から共に逃走したバーミント公国の貴族の娘と、兼ねてより考えていた結婚へ至る。

 

娘を授かりひっそり幸せに暮らしていたが、信念は捨てられず研究を続け、ついに歴史の真実の核心を掴むに至る。

 

しかし彼らを狙う刺客の罠に落ちたソニエを助けようとして落命。

 

刺客の正体、そして五凶星首謀者の秘めたる力を彼に伝えようと綴った手紙は、届かずに終わるのだった。

各ランキング
全☆5キャラリセマラ表
「攻撃力」ランキング
「防御力」ランキング
「HP」ランキング
「ブレイク力」ランキング
「奥義破壊力(倍率)」ランキング

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)